医療用ウィッグの購入なら展示会もおすすめ

投稿日:2018年12月11日 更新日:

展示会で医療用ウィッグ医療用ウィッグ悩まず購入!抗がん剤によって髪が抜けてしまうと、体調がよくなっても外出することをためらってしまう人が少なくありません。

気持ちがふさぎ込むことは、治療にも影響を与えます。そこで利用したいのが、医療用ウィッグです。

医療用ウィッグはファッションウィッグに比べ高品質で、より自然な髪に見えるように様々な工夫が施されています。

しかし、外を出歩いていても医療用ウィッグを見かけることはほとんどありません。一体どこで取り扱っているのでしょうか。

今回は医療用ウィッグの試着や購入ができる「展示会」について説明していきます。

ウィッグの展示会で試してみる

たとえ高品質をうたう医療用ウィッグを選んだとしても、出来映えや着け心地に納得がいかなければ意味がありません。

そういう時に利用したいのが、医療用ウィッグの展示会です。

通販ではウィッグをいろいろ試してみることが難しく、実店舗もやはり近場になければ実物を手に取ることができません。

展示会は医療用ウィッグのメーカーが出張のような形で開催するため、地方在住の方でも商品を手にする機会を得られます。

展示会ではメーカーの担当者から直接説明を聞くことができるため、ウィッグ選びの参考になります

もちろん試着も可能なので、自分に似合うヘアスタイルを見つけられますし、着け心地について確かめることもできます

医療用ウィッグの展示会ではプライバシーを守るための個室ブースが設けられているため、安心して試着ができます。

事前予約をしておけば、個室ブースの利用もスムーズです。

また、その場でオーダーすることも可能なので、気に入ったウィッグがあれば頭部の採寸、髪色、髪質、細かなヘアアレンジなどの見積もりを出してもらうことも可能です。

ウィッグの展示会は全国各地で開催されています

ディスプレイされたウィッグ医療用ウィッグを扱っている店舗が近くにあればいいのですが、生活圏内にはないこともあります。

医療用ウィッグの展示会を行っているメーカーはいくつかありますが「WIGYUKI」は年間にして2000回以上、全国各地の公共施設やホテルなどで毎週のように展示会を開催しています。

医療用ウィッグを必要としている人は治療中であるため、体調などから遠方に試着に出かけることは難しい人も多いものです。

近隣の展示会であれば、体への負担も少ないため、足を運びやすいでしょう。

レディスアデランス」でも百貨店や駅に近い展示会場でウィッグの展示を開催しています。

予約不要、入場無料のため、気軽に訪れることができるでしょう。

もちろん試着も可能ですので、気に入ったウィッグを試してみることができます。

普段はサロンで仕事をしている専門スタッフが常駐しているので、ウィッグの悩みも相談しやすいです。

WIGYUKIもレディスアデランスもホームページから展示会のスケジュールを確認することが出来るので、気になる方は調べてみるといいでしょう。

あらかじめメールや電話で相談しておくこともできるので、気になる製品をいくつか用意しておいてもらうことも可能です。

カタログから医療用ウィッグを注文することもできますが、実店舗や展示会で実物を手に取って確かめたり、着用のアドバイスをもらえるのは大きな魅力です。

今後、治療にともない医療用ウィッグが必要となる可能性がある場合は、展示会に参加してみるといいでしょう。

医療用ウィッグはデリケートな頭皮でも安心

医療用ウィッグに関する基本的な知識を身につけておくと、展示会や実店舗、通販で購入する際に、重視するポイントがわかりやすくなります。

それでは、医療用ウィッグとファッションウィッグの違いについて説明していきましょう。

医療用ウィッグとファッションウィッグでは、まず使用されている素材が異なります。

医療用ウィッグの使用を考える人の多くは、抗がん剤などによる薬の副作用や、脱毛症、頭部への火傷やケガによって脱毛を起こしています。

病気やケガが理由であるため、頭皮の状態は敏感で摩擦などによる刺激を最小限に抑える必要があります。

また、ファッションウィッグと違って長時間の着用が前提とされているため、医療用ウィッグは快適に使用できるように素材や着け心地にもこだわって作られています

医療用ウィッグのベースは肌に優しい素材が採用されることが多く、通気性を高めて蒸れにくい工夫がされていたり、防臭抗菌作用を施すなど、メーカーによって製品への取り組みもさまざまです。

医療用ウィッグは自然に見える仕上がり

医療用ウィッグはファッションウィッグに比べ、素材や髪の植え方などが格段に丁寧なつくりとなっています。

ファッションウィッグの植毛には、基本的にコストの低い機械植えが採用されています。

文字通り、機械によってベースネットに毛を植えていくのですが、一定方向で植えるため髪の毛の立ち上がりや流れ方が不自然になります。

医療用ウィッグはより自然な髪に見えることが求められるため、総手植えや目立ちにくいか所のみを機械植えにした半手植えが採用されています

また、ベースネットにも大きな違いが見られ、医療用ウィッグはより自然な分け目、つむじに見えるように人工頭皮を使用しているものも多数あります。

毛質による違い

部分ウィッグウィッグの質感を大きく左右するのが毛質です。

もっとも自然な見栄えで、カラーリングやパーマなどのアレンジも可能なのが人毛です。

なかでも、キューティクルを残した人毛で作られた医療用ウィッグは、ツヤや手触りもウィッグとは気づかれないほど自然と言われています。

健康な髪の毛は、キューティクルという鱗のようなもので表面を覆われているのですが、ウィッグを作る過程でそのキューティクルをはがす加工を施されることが多いです。

キューティクルをはがすことで毛絡みなどを防ぐことができ、ウィッグを長持ちさせることが可能になりますが、光を乱反射することが出来ず不自然なツヤ感が出てしまうこともあります。

また、キューティクルを残したウィッグは価格が高価で、手入れに気をつかわなければいけないという特徴もあります。

キューティクル残した毛髪は加工があまりされていない分、手入れを怠ると傷んでしまうためです。

一方で、医療用に使用されている人工毛は、安価で手入れが簡単な傾向にあります。

また、メーカーのたゆまぬ努力により、近年では良質な人工毛も増えてきました。

これまでの人工毛というと、テカリが強く不自然に見えていましたが、改良により現在では人毛に近い風合いとなっています。

人工毛は形状記憶加工が施してあるため着用後のスタイリングが不要で、毎日の手入れも簡単に済ませることが出来ます

耐熱性に優れた人工毛も増えてきているため、ヘアアイロンやコテの使用も可能となりました。

もちろん人工頭皮に植毛してあるので、生え際なども自然な仕上がりです。

関連記事:抗がん剤治療時の医療用ウィッグはこう選ぶ!
医療用ウィッグの種類や入手方法を教えます!

医療用ウィッグを選ぶポイント

鏡を見ながら髪型をチェックする女性
なにより一番重視すべきポイントは、医療用ウィッグの着け心地でしょう。

医療用ウィッグ自分の髪として利用するため、着用時間が長くなることが多いです。

着け心地が悪いウィッグだと、疲れやストレスにつながってしまいます。

サイズの調整ができるか、ベースネットの素材は頭皮に優しいかなど、ウィッグを快適に使えるかどうかをチェックしておきましょう

髪型についていもこだわっておきたいポイントです。

自分に似合う髪型や髪色は、人によってさまざまです。

ウィッグのカット調整を行っているメーカーであれば細かいアレンジが可能なので、自分にぴったりのヘアスタイルに仕上げてもらえるでしょう。

その際に確認しておきたいのが、ウィッグに使用している髪へのこだわりです。

人の髪の毛というのは単色に見えても、いろいろな色の毛が混じりあっているのが一般的です。

日本人の黒髪も、実は茶色やこげ茶色といった毛がミックスされているのです。

髪の色が3色以上ミックスされているものを選ぶことで、より自然な髪に近づけることが出来るでしょう。

また、根元のみ色を変えることで、染めている髪のように見せるのも自然なカムフラージュになります。

人毛ウィッグであればカラーが可能なので、購入の際に問い合わせてみるのもいいでしょう。

全国各地の展示会で医療用ウィッグを手に取ってみよう

抗がん剤治療や火傷が原因で脱毛してしまった場合、医療用ウィッグを使用することで人目を気にしなくて済むようになります。

医療用ウィッグは素材や作り方が工夫され、自然な仕上がりとなっているのが特徴です。

医療用ウィッグの展示会は各地で開催されていて、実際に手に取りながら選ぶことができ、スタッフからアドバイスを聞くことも出来るようになっています。

個室ブースも用意されているので、まずは気軽に相談してみるといいでしょう。

関連記事

表彰台を指さす手

医療用ウィッグならここ!おすすめメーカー5選

抗がん剤による影響で髪が抜けてしまった方や、薄毛の症状を抱える方などの悩みを和らげるために、医療用ウィッグ(かつら)が助けとなる場合があります。 医療用ウィッグとは、病気やケガなどで髪を失ってしまった …

カットした髪を手に持つ女性

医療用ウィッグは自分の髪でも制作が可能

医療用ウィッグを用意したいけれど、人工毛や見知らぬ人の髪の毛ではなく自分の髪を使用したいと考える人もいるでしょう。 自毛を使ったウィッグであれば、違和感なく馴染むはずです。 今回は、自毛を使って医療用 …

鏡を見ながら髪型をチェックする女性

似合う髪型を確認して医療用ウィッグを購入しよう

抗がん剤の治療など、さまざまな事情から医療用ウィッグを利用する人がいます。 ロングヘアやショートヘア、男性用まで多彩なヘアスタイルのウィッグが販売されていますが、自分に似合うものを選ばないと不自然にな …

様々な色の髪の束

医療用ウィッグはこうして作られる

円形脱毛症や無毛症、抗がん剤治療による副作用やケガなどによって髪の毛が薄くなってしまったり、抜けてしまったりすることに悩んでいる人もいることでしょう。 そのような人ての、精神的な支えとなるのが医療用ウ …

首をかしげて疑問を浮かべる女性

医療用ウィッグとファッションウィッグは別物?

抗がん剤の治療の副作用などで脱毛に悩まされている女性の中には、医療用ウィッグ(かつら)の使用を希望している人もいます。 医療用ウィッグを選ぶときのポイントを知っておくと、脱毛の悩み解決も早くなりますし …

部分ウィッグを手に持つ女性

医療用ウィッグで失敗したくないなら店舗購入!

最近耳にする機会が増えてきた、医療用ウィッグ。 JIS規格も適用され、品質も保証されるようになりました。 百貨店の中に出店するなど全国で展開するメーカーもあり、気軽に立ち寄ることもできるようになってい …