医療用ウィッグが似合わない…調整はどうする?

投稿日:2018年12月4日 更新日:

医療用ウィッグが似合わない…カット調整をして解決できます!医療用ウィッグを実際に着けてみると、思っていたイメージと違っていたり、ヘアスタイルが似合わなかったりすることがあります。

レンタルウィッグは返却するため手を加えることができませんが、購入したウィッグであればカットして調整できますので、試してみるといいでしょう。

ここでは、ウィッグのカット方法やメリット、デメリットについて紹介していきます。

医療用ウィッグをカットする方法

医療用ウィッグは、一般的に1半~2年ほど使用することになります。

ウィッグの髪は伸びることがないため、毛髪が生えそろうまではずっと同じヘアスタイルをすることになります。

医療用ウィッグを購入したものの似合っていなかったり、同じ髪型に飽きてきてしまうこともあるでしょう。

そんなときは、ウィッグをカットして調整を行うことで、ヘアスタイルを変えることが可能です。

ウィッグのカットは

  • 自分で切る
  • 美容院で切ってもらう
  • 医療用ウィッグ専門店で切ってもらう

3つの方法があります。

それぞれの特徴をよく理解して、最適なカット方法を選びましょう。

少しだけ短くしたい!そんなときにはセルフカット

ハサミと櫛と梳きバサミ自分でウィッグをカットする場合のメリットは、費用がかからないこと、美容院や専門店へ行く手間が要らないことなどが挙げられます。

ただし、地毛と違い、ウィッグは一度カットすると伸びることはありません。

セルフカットをする場合は、髪の毛を切り過ぎたりバランスがおかしくなったりしないように、慎重に進めるようにしましょう。

セルフカットは、前髪や毛先を軽くするなど小さなアレンジをするときがおすすめです。

全体的に髪の量を減らしたりヘアスタイルを大きく変える場合は、失敗した際のリカバリーも難しいため、プロにお願いしたほうが失敗を防げるでしょう。

それでもウィッグ全体をセルフカットするというのであれば、後ろ髪の内側など目立たない部分の髪から少しずつ行うようにしてください。

髪を湿らせてからカットをする人もいますが、その場合は髪が乾いたときの状態をしっかりイメージしながらハサミをいれることが大切です。

髪を湿らせるとまとまりがでて切りやすくなりますが、乾かすと髪が横に広がったり全体的にに浮きあがったりしてしまうためです。

セルフカットに自信がない場合は、髪が乾いている状態で少しずつ切っていくのがいいでしょう。

毛量が多く、髪を軽くしたいのであれば梳きバサミの利用がおすすめです。

髪の量を調整しやすく、切り過ぎを防げます。

梳き率が15~20%程度の梳きバサミを使うようにし、カットするときは刃を縦にいれるのがコツです。

前髪をカットする際は、ウィッグを装着した状態で様子を見ながら切っていきましょう。

また、真正面を見てカットするようにしてください。うつむいていたり仰いでいる状態でカットしてしまうと、髪の長さがずれてしまうためです。

後ろやサイドの髪はウィッグスタンドなどにかけてカットしますが、途中で一度かぶってみて、全体の様子を確認しながら進めるようにしましょう。

美容院でもカットしてもらえる?注意点は?

ウィッグをカットする女性美容師医療用ウィッグのカットを美容院で行うメリットは、プロがおしゃれなヘアスタイルに仕上げてくれるということです。

全体のバランスを見ながら、顔立ちに似合うように整えてもらえるでしょう。

しかし、ウィッグのカットはどこの美容院でも対応してもらえるわけではありません。

医療用ウィッグは、たとえ100%人毛を使用していたとしても自然に生えている状態とは異なります。

より自然なヘアスタイルに仕上げるためには、生え際の処理や毛量の調整など、専門の技術や知識が必要になるのです。

また、万が一切り過ぎてしまうと、取り返しがつきません。

そのため、ウィッグのカットを最初から受け付けていない美容院もあります

美容院でカットをしてもらいたいのであれば、まずはウィッグのスタイリングに対応しているかどうかを確認するようにしましょう。

一般の美容院でも、医療用ウィッグ専門店と提携しているサロンはあります。

もちろん、医療用ウィッグのカットを専門にしているところや、ウィッグショップ併設のと美容院もあります。

そういった医療用ウィッグのカットのノウハウを持つ美容院であれば、ウィッグの扱いに慣れていて知識もありますので、安心してお任せできるでしょう。

なお、美容院でカットしてもらうときは、ウィッグを装着した状態で地毛と同じ様にカットしてもらうのが一般的です。

知識と経験が豊富で安心!医療ウィッグ専門店のカット

多くの医療用ウィッグ専門店では、購入後のメンテナンスや調整カットといったアフターサービスを行っています。

しかし、ウィッグ専門店でカットするメリットは、アフターサービス価格で対応してもらえる点だけではありません。

まず、専門店のスタッフは基本的に医療ウィッグの知識が豊富にあり、取り扱いにも慣れているという点が挙げられます。

購入した店舗がカットも請け負っているのであれば、カウンセリングや試着も重ねているため美容院よりも頼みやすいでしょう。

ウィッグ専門店であれば、プライバシーが保たれる個室で施術を行うところが多いこともメリットとして挙げられます。

ウィッグ専用のシャンプーやトリートメント、ウィッグハンガーやネットといった周辺アイテムを取り扱っているのも、ほかにはない利点です。

ただし、通販サイトやほかの店舗で買ったウィッグの場合はカットしてもらえるかどうかはサービス内容によって異なるため、事前に確認しておく必要があります。

ウィッグのヘアスタイルを維持するためにはお手入れを

タオルとヘアブラシとドライヤーカットして調整したウィッグのスタイルを維持するためには、日ごろのお手入れをきちんと行うことが大切です。

また、頭皮に触れるものだけに、清潔に保つという意味でもお手入れはしっかり行いましょう。

主なお手入れは、ブラッシングとシャンプー・トリートメントの2つです。

ウィッグを着用した日はブラッシングをしましょう

ブラッシングをすることで、ウィッグについたホコリや髪の絡まりがほぐれます。

なお、ウィッグは静電気を嫌いますので、使用するブラシは目が粗く、静電気が起きにくい金属製のものを選ぶようにしてください。

静電気が起きるとウィッグの毛髪が絡んだり縮んだりするため、手入れをするつもりが傷めてしまっては台無しです。

シャンプーは、毎日行う必要はありません。

装着頻度にもよりますが、毎日つけている場合は1週間に1度程度のシャンプーで良いでしょう。

それ以上頻繁に洗うと、ウィッグを傷めてしまったり、消耗を早めることにつながります。

使用するシャンプーは市販のものでも問題はないといわれていますが、ウィッグ専用のものにするのが無難です。

ウィッグを取り扱っている店舗ならシャンプーも販売しているはずなので、一緒に買っておくと良いでしょう。

ウィッグを洗う前には、軽く全体をブラッシングして髪の表面についたホコリを落とし、絡みをほぐしておきます。

洗面器などに水を溜めてシャンプーを適量溶かし、ウィッグを浸して軽く押し洗いしましょう。

洗い終わったら水を変えて十分にすすぎます。

まちがっても、ごしごしと洗うようなことはせず、髪を泳がせるようにしてすすいでください。

髪がこすれると傷みやすくなるためです。

すすぎが終わったら、洗面器の水を変えてトリートメントを適量溶かし、ウィッグを漬けてしばらく置いてから軽くすすぎましょう。

軽く絞った後は清潔な乾いたタオルで優しく包み、水気を吸い取ります。

その後、ウィッグスタンドにかけて自然乾燥させます。

人毛の場合はドライヤーも使用できますが、ミックスや人工毛のウィッグは熱に弱いことが多いため、毛材にかかわらず基本的には自然乾燥をさせるのがいいでしょう。

関連記事:医療用ウィッグのタイプによって変わるお手入れ

医療用ウィッグはカットして調整しよう!

治療の内容や個人差によって異なりますが、医療用ウィッグとは長い付き合いになることも珍しくありません。

あまり似合っていないなど、現在の医療用ウィッグに満足していないのであれば、カットをして調整するといいでしょう。

ウィッグの髪は一度切ってしまうと元には戻りませんので、カットの前にどのくらいの長さでどんなスタイルにしたいのかを明確にしておくことが大切です。

関連記事

表彰台を指さす手

医療用ウィッグならここ!おすすめメーカー5選

抗がん剤による影響で髪が抜けてしまった方や、薄毛の症状を抱える方などの悩みを和らげるために、医療用ウィッグ(かつら)が助けとなる場合があります。 医療用ウィッグとは、病気やケガなどで髪を失ってしまった …

部分ウィッグを手に持つ女性

医療用ウィッグで失敗したくないなら店舗購入!

最近耳にする機会が増えてきた、医療用ウィッグ。 JIS規格も適用され、品質も保証されるようになりました。 百貨店の中に出店するなど全国で展開するメーカーもあり、気軽に立ち寄ることもできるようになってい …

風を受けてほほ笑むロングヘアの女性

医療用ウィッグのズレやムレ…対策をして快適に!

抗がん剤の治療や、脱毛症になったときに使用するのが医療用ウィッグです。 髪の毛が生えていないという悩みを解決する医療用ウィッグですが、ズレやムレ、つかれといったストレスを感じている方もいらっしゃるので …

抗がん剤治療時の医療用ウィッグはこう選ぶ!

多くの場合、抗がん剤治療が始まると数週間で髪の毛が抜け始めます。 もちろん治療を終えればまた生えてきますが、それが分かっていても自分の髪の毛が抜けていくのはショックなものです。 そんな精神的な痛みを和 …

医療用ウィッグには部分用・白髪・男性用もある!

髪の毛の脱毛原因に多いのが、抗がん剤治療や脱毛症です。 これは男女、年齢問わず発病、発症します。 頭髪が抜けるというショックをやわらげるものとして医療用ウィッグがありますが、さまざまな患者に対応するた …

医療用ウィッグの種類や入手方法を教えます!

脱毛症や抗がん剤治療などによって髪が抜けてしまう人のための医療用ウィッグ(かつら)は、どこで購入すればいいのでしょうか。 自分に合ったウィッグを購入するための試着方法や購入方法、そして主な特徴について …