使い終わった医療用ウィッグの処分方法は3種類

投稿日:2018年11月26日 更新日:

医療用ウィッグの処分方法3選!(買取、ネットオークション、寄付)医療用ウィッグは、抗がん剤治療や脱毛症などと戦う患者が使用するものです。

では、病気が完治した場合、不要になった医療用ウィッグはどうしたらいいのでしょうか。

医療用ウィッグはファッションウィッグより高価なものですし、完治の記念に取っておいてもいいかもしれません。

新たな気持ちで人生をスタートするために、きれいさっぱり処分してしまうのもいいでしょう。

しかし、医療用ウィッグの処分といってもどうしたらいいのでしょうか。

ゴミとして捨てるのはもったいないと思う人や、処分しようと考えてもその方法がわからないという人もいるかと思います。

そこで今回は、医療用ウィッグの処分方法や、処分する際の注意点などを紹介していきます。

医療用ウィッグとは

がん闘病中の女性医療用ウィッグとは、病気やその治療の過程で起きる脱毛に悩んでいる人へ向けた、専用のウィッグのことを指します。

医療用ウィッグにもスタイルがいくつかあり、脱毛した一部をカバーするためのもの(部分ウィッグ)や、頭部全体をすっぽりとカバーするもの(フルウィッグ)などがあります。

抗がん剤治療による脱毛や円形脱毛症、皮膚疾患など、それぞれの症状・状態に応じて髪の毛の量やカバーする範囲が異なっているため、目的に合わせて選べるようになっているのです。

医療用ウィッグはメーカーごとにも違いがあります。

付け心地を考えて肌への刺激が少ない素材を使用しているメーカーもあれば、通気性や軽量化に力を注いでいるメーカーなどがあります。

また、医療用ウィッグはオーダーメイドも可能となっています。

本人の頭の形や希望のデザインに応じて、一点物の医療用ウィッグを作ってもらうことができるのです。

安全に身につけられるよう、JIS規格が定められていることも特徴の一つです。

医療用として使用されるウィッグは、肌に直接あたる部分が多くなります。

そのため、パッチテストが行われたり、色落ちが起こるのかなどのテストが行われ、規格に問題がなかったものだけが販売されるようになっています。

JIS規格では安全性や機能性などを定めているので、JIS規格に適合しているウィッグは安心して使えるものと考えて問題ないでしょう。

医療用ウィッグは、買い替えが必要な場合もあります。

さまざまな規定やメーカーの工夫が施された医療用ウィッグではありますが、髪の毛が抜け落ちたり日の光で変色したりするなど、使用に合わせてどうしても状態が変化していきます。

特に、医療用ウィッグを毎日身につける習慣を続けていると、1年ほどで傷みが出てきます。

丁寧に手入れをしていたとしても、2~3年ほどで耐用年数を迎えてしまいます。

寿命を迎えた医療用ウィッグは毛髪が縮んできたり、スタイリングがうまく決まらなくなります。

このような変化が表れはじめたら、古い医療用ウィッグは処分をして、新しいウィッグへ買い替えたほうがいいでしょう。

買取による処分方法

電卓と一万円札医療用ウィッグは、買取によって処分することができます。

買取してもらえる業者には、

  • リサイクルショップ
  • 買取専門店

などが挙げられます。

リサイクルショップの場合、お店によって買い取ってもらえるウィッグが異なります。

人気の高いウィッグ(女性の場合はロングタイプ)であれば、買い取ってもらいやすいです。

ウィッグの状態によっても、買取可能かどうかが分かれます。

髪の毛が著しく傷んでいる場合や、使用によって抜け毛が多くなっている場合などは、買取できない場合があります。

きれいにしておくと買い取ってもらいやすくなるので、汚れが見られるようであればウィッグを傷めない程度にケアをしておきましょう

また、買取専門店ではウィッグの種類に関わらず買取してもらえることがあります。

価格は状態にもよりますが、医療用ウィッグは高価で質のいいものが多いため、高く買い取ってもらいやすいでしょう。

注意点として、買取店の場合は、どのお店でも買い取ってもらえるというわけではありません。

医療用ウィッグを取り扱っているお店でなければ、買取してもらえない恐れがあります。

事前に医療用ウィッグの買取実績があるかどうかを確認しておきましょう

また、買取可能な場合は見積もりを出してもらうことも大切です。

どこで買い取ってもらった方が高価買取してくれるのかを比較しながら、お店を決めるようにしましょう。

見積もりだけであれば無料で行ってくれるお店も多く、メールや電話などで済ませることも可能です。

ネットオークションによる処分方法

パソコンに向き合う女性ネットオークションであれば、医療用ウィッグの状態や種類に関わらず処分できる可能性があります。

ネットオークションは、求める品が売りに出されているか探し、出品情報を参考に購入へと移行します。

医療用ウィッグを欲しがっている人がいて、希望条件と出品価格がマッチすれば入札してもらえる可能性があるのです。

ネットオークションであれば、ウィッグの種類も不問で出品することができます。

注意点としては、あまり高値で売れない、ということです。

オークションは自分で最低落札価格を設定し、ユーザーへ入札をゆだねる形になります。

決して安価ではない医療用ウィッグなので、高値をつけたくなるかもしれませんが、設定価格が高すぎると入札につながらないのです。

オークションで確実に入札をしてもらうためには、ある程度手ごろな価格に設定せざるを得ないということを理解しておきましょう。

寄付による処分方法

茶色い袋の小包二つ医療用ウィッグは、寄付することも可能です。

寄付を受け付けてくれる団体には、医療用ウィッグを必要としている人へレンタルしている

などが挙げられます。

このような団体であれば、どのような種類のウィッグであったとしても受け付けてもらえます。

また、寄付を受け付けている団体の方で医療用ウィッグの修繕、洗浄、メンテナンスなども行っているため、多少の汚れや傷み程度であれば提供しても問題ないでしょう

※あまりにウィッグの状態が多少悪い場合は、寄付先で処分されることもあります。

寄付する方法は、郵送と持ち込みがあります。

郵送の場合、送料などは自己負担です。

持ち込みであれば、団体が開催しているサロンなどへ直接持っていくことで受け付けてもらえます。

また、団体によっては、ウィッグをメンテナンスしていたシャンプー・リンスの余ったものも受け付けています。

ウィッグに関連したものは基本的に受け付けてもらえますが、何を寄付できるのかは事前に確認しておきましょう。

医療用ウィッグを処分する際の注意点

ウィッグを処分する際は、買取やネットオークション、寄付などの処分方法別に注意しなければならないポイントがあります。

まず、買取をしてもらう場合、事前にウィッグの洗浄や修繕を行っておきましょう

リサイクルショップや買取店などが買取をする判断ポイントとして、品物の状態があります。

状態がよければよいほど買取額にも影響してくるため、査定をしてもらう際はウィッグのブラッシングを行い、きれいに整えておくことが大切です。

ネットオークションで処分する場合は、ウィッグの情報を細かく掲載する必要があります。

ネットオークションで購入者が見るポイントは、ウィッグの写真と細かい情報(キズや汚れなど)です。

なるべく細かく載せておくことで、購入後のトラブルを防ぐことができます。

出品情報が詳細なほど落札者へ安心感も与えられるので、入札されやすくなります。

寄付をする際は、郵送や持ち込み方法について確認しておきましょう。

寄付を受け付けている団体によっては、郵送する際に事前連絡が必要であったり、持ち込みによる寄付を受け付けていないことがあります。

どのような方法で寄付をすればいいのかを把握しておくと、寄付先の団体に迷惑をかけることなくスムーズに寄付することができます

とくに、持ち込みに関しては、訪問可能な時間帯が決められているため、あらかじめ確認しておく必要があります。

自分に合った処分方法を考えよう!

医療用ウィッグを処分する方法はいくつもあります。

買取やネットオークションなどであればお得に処分することができ、寄付の場合は必要としている人へ医療用ウィッグをつなぐことができます。

ただ捨てるだけではもったいないという人は、どのような処分方法が適切なのかを考えて、自分に合った対応を行いましょう。

関連記事

表彰台を指さす手

医療用ウィッグならここ!おすすめメーカー5選

抗がん剤による影響で髪が抜けてしまった方や、薄毛の症状を抱える方などの悩みを和らげるために、医療用ウィッグ(かつら)が助けとなる場合があります。 医療用ウィッグとは、病気やケガなどで髪を失ってしまった …

鏡を見ながら悩んだ顔をする女性

医療用ウィッグが似合わない…調整はどうする?

医療用ウィッグを実際に着けてみると、思っていたイメージと違っていたり、ヘアスタイルが似合わなかったりすることがあります。 レンタルウィッグは返却するため手を加えることができませんが、購入したウィッグで …

毛髪サンプルをチェックしている手

医療用ウィッグを購入するなら展示会もおすすめ

抗がん剤によって髪が抜けてしまうと、体調がよくなっても外出することをためらってしまう人が少なくありません。 気持ちがふさぎ込むことは、治療にも影響を与えます。そこで利用したいのが、医療用ウィッグです。 …

医療用ウィッグには部分用・白髪・男性用もある!

髪の毛の脱毛原因に多いのが、抗がん剤治療や脱毛症です。 これは男女、年齢問わず発病、発症します。 頭髪が抜けるというショックをやわらげるものとして医療用ウィッグがありますが、さまざまな患者に対応するた …

日差しに手をかざす女性

夏の医療用ウィッグは暑さ対策で快適に!

医療用ウィッグを使用している方にとって、夏は憂鬱な時期です。 ただでさえ暑いうえに、ウィッグをかぶっていることで頭皮がさらに熱を持つためです。 汗を大量にかけばメイクも崩れてしまいますし、放っておけば …

医療用ウィッグは購入とレンタルどっちがお得?

医療用ウィッグ(かつら)は抗がん剤による治療を受けている方や、脱毛症を患っている方などが抱える「髪の悩み」を緩和するために作られたウィッグです。 医療用ウィッグを利用する方法は、購入もしくはレンタルの …