医療用ウィッグのズレやムレ…対策をして快適に!

投稿日:2018年11月21日 更新日:

正しい対策で医療用ウィッグは快適になる抗がん剤の治療や、脱毛症になったときに使用するのが医療用ウィッグです。

髪の毛が生えていないという悩みを解決する医療用ウィッグですが、ズレやムレ、つかれといったストレスを感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

医療用ウィッグの着用によってストレスを感じてしまうと、快適に過ごすことができなくなってしまいます。

今回は、医療用ウィッグを装着した際のズレやムレなどの対策方法について詳しく説明していきます。

まずは正しい医療用ウィッグの付け方を覚えよう

鏡を見ながらウィッグを装着しようとしている女性医療用ウィッグの悩みであるズレやムレ、つかれなどの対策方法について考える前に、まずは、正しく医療用ウィッグを装着できているか? ということを確認してみましょう。

そもそも正しく装着できていなければ、ウィッグがズレたり体に余計な負担をかけてしまう恐れがあるからです。

それでは、正しい医療用ウィッグの付け方を説明していきます。

まず、医療用ウィッグのアジャスターをゆるめて、えり足部分を両手でしっかりと持ちます。

次に、ウィッグを額に掛けるようにして、前から後ろへ引っ張って被ります

ウィッグを被ったあとは、左右のバランスと全体の位置、アジャスターでフィット感を調整してください。

そして最後に、ブラシや手ぐしでヘアスタイルを整えて終了です。

  • 医療用ウィッグを真上から被る
  • 医療用ウィッグを襟足側から額へ引っ張って被る

上記の二つの装着方法は一見問題がなさそうですが、このやり方では前髪の位置がズレて調整しづらくなるのでNGとなっています。

ウィッグのズレ防止にはインナーキャップを使おう

医療用ウィッグを被るうえで、よくある悩みが「医療用ウィッグがズレてしまう」ことです。

ですが、安心してください。

医療用ウィッグのズレは、インナーキャップを使うことで防止することができるのです。

インナーキャップを挟むことで、直に医療用ウィッグを被るより安定するようになるためです。

インナーキャップは医療用ウィッグの下に被り、地肌にウィッグが直接触れないようにするものです。

そんなインナーキャップですが、着用する際はサイズがきつすぎないか注意してください。

インナーキャップがきつすぎると頭が締め付けられて、痛くなる恐れがあるからです。

インナーキャップは締め付けが強くなく、伸縮性があるものを選ぶといいでしょう。

インナーキャップの種類

インナーキャップはコットンタイプとネットタイプの2種類に分けられます。

まずコットンタイプの特徴ですが、網目が細かくて柔らかいです。

コットンタイプのインナーキャップは文字通り綿を使用しているため、頭皮が敏感な方や脱毛中の方に向いています

コットンタイプの場合は、前と後ろに滑り止めのシリコンがついているため、インナーキャップがズレるといったことは少ないでしょう。

コットン素材のインナーキャップでも頭皮がチクチクするという場合は、さらにやわらかい素材のオーガニックコットンを使用するといいでしょう。

二つ目がネットタイプのインナーキャップです。

ネットタイプは、コットンタイプよりも編み目が大きくなっています。

伸縮性があり、髪の量が多い場合でもしっかり髪をまとめてくれるのが特徴です。

どちらかというと地毛をまとめるのに向いているため、ネットタイプのインナーキャップは主にファッションウィッグで利用されています

医療用ウィッグを着用する際は、基本的にコットンタイプのインナーキャップを使用することになるでしょう。

ウィッグを着けていると頭が痛くなるときは?

頭の痛みにうなだれて頭を抱える女性医療用ウィッグを被っていて頭皮が痛くなる場合は、ウィッグの固い部分が直接皮膚に当たっている可能性があります。

その際は、ウィッグの位置をずらして調整してみましょう。

また、医療用ウィッグの締め付けにより頭痛を引き起こしてしまうこともあります。

締め付けによる痛みがある場合は、サイズを調整したり、自分の頭のサイズにあった医療用ウィッグに替えたりすることが大切です。

脱毛の状態によって、頭周りのサイズも変わっていきます。

頭周りのサイズの変化に対応できるように、伸縮性があったりアジャスターによる調整が可能な医療用ウィッグ選んでおくと安心です。

ウィッグのサイズの調整方法としては、

  • アジャスターで調整する
  • 購入店舗でサイズ調整をする
  • インナーキャップを変える

などが挙げられます。

医療用ウィッグによる頭痛は位置やサイズを少し調整するだけで楽になることもあるので、自分が快適に装着できるようにいろいろ工夫をしてみましょう。

つらい痒みの対策方法は?

医療用ウィッグを被っていると、ムレてしまってつらい痒みが生じることがあります。

とくによく汗をかく夏の時期は、痒みに悩まされる方も多いのではないでしょうか。

痒みの対策は主に2つあります。

まず一つ目が汗対策をすることです。

汗わきパッドをセットしてからインナーキャップをつけることで、ムレることなく快適に医療用ウィッグを使用することができます。

驚かれるかもしれませんが、夏場の汗対策として採用されている方法の一つです。

汗わきパットはクッションの役割もあるため、医療用ウィッグのズレを防げる場合もあります。

汗わきパッドの色は黒を選ぶと目立ちにくいでしょう。

汗わきパッドの厚みが気になる場合は、無漂白のキッチンペーパーを利用するのもおすすめです。

キチンペーパーはティッシュペーパーと違い破れにくく、一日に数回取り換えるようにすれば衛生的でもあります。

また、汗が出てきたときはハンカチやタオルで拭き取るようにしましょう

こまめに汗を拭くことで、ムレや痒みの防止につながります。

汗のにおいが気になる方は、汗のにおいを解消するウィッグ専用のスプレーもあるので、メーカーで取り扱いがないかチェックしてみてください。

二つ目がインナーキャップを変えてみる方法です。

ムレてしまう原因はインナーキャップの可能性もあるため、自分の肌に合わない場合は他のものに変えましょう。

最近では冷感インナーキャップや吸湿・放湿性に優れた素材を使用しているものもあるので、そういったものを選ぶようにするだけでも快適に過ごせるようになるはずです。

関連記事:夏の医療用ウィッグは暑さ対策で快適に!

肩こりは医療用ウィッグが原因?

ベッドで身を起こして肩を押さえる女性医療用ウィッグを被りはじめてから、肩こりが気になるようになったという方もいるのではないでしょうか。

医療用ウィッグを被っていると、なにも被っていないときに比べて違和感や重さを感じるようになります。

肩こりの対策方法としては、なるべく軽い医療用ウィッグを使用することです。

医療用ウィッグが重いと、頭を支える首や肩に余計な負担をかけてしまうからです。

肩がこりやすい方は、ロングヘアタイプではなく、ショートヘアタイプのなるべく軽い医療用ウィッグを選ぶようにしてみてください。

他にも、装着時の違和感や不慣れで体が強張り、肩こりになるケースもあるでしょう。

医療用ウィッグを被っているときにつかれを感じてきたら、人目のつかない場所で取り外したりしてこまめに休憩することも大切です。

買い換えが必要になったときの医療用ウィッグの選び方

ズレや痛みなどの対策をしても解決できずに、医療用ウィッグを買い換える必要が出てくる場合もあるかもしれません。

そのときの医療用ウィッグの選び方について説明します。

医療用ウィッグは

  • レンタル
  • 既製品
  • セミオーダー
  • フルオーダー

から選ぶことができます。

レンタルの医療用ウィッグは手軽に入手することができますが、長期間利用するとなると利用料金が高くなってしまいます。

フルオーダーの場合は自分の頭のサイズに合わせてつくるので、もっとも快適に被ることができるでしょう。

反面、一点もののウィッグになるため、製作費用がかさみます。

医療用ウィッグは、治療期間や予算などに合わせて選ぶようにしてください。

医療用ウィッグの「困った」はこまめな対策で解決

医療用ウィッグは長い期間装着することもあるため、心地良く過ごすためにもズレやムレなどの対策や工夫は必要になります。

どうしてもウィッグが合わず、痛みを感じたり、被り心地が悪かったりする場合は買い替えを検討することも大切です。

医療用ウィッグは高額になるため、治療期間も踏まえて自分の目的や頭のサイズに合わせて慎重に選びましょう。

関連記事

表彰台を指さす手

医療用ウィッグならここ!おすすめメーカー5選

抗がん剤による影響で髪が抜けてしまった方や、薄毛の症状を抱える方などの悩みを和らげるために、医療用ウィッグ(かつら)が助けとなる場合があります。 医療用ウィッグとは、病気やケガなどで髪を失ってしまった …

医療用ウィッグは購入とレンタルどっちがお得?

医療用ウィッグ(かつら)は抗がん剤による治療を受けている方や、脱毛症を患っている方などが抱える「髪の悩み」を緩和するために作られたウィッグです。 医療用ウィッグを利用する方法は、購入もしくはレンタルの …

医療用ウィッグの種類や入手方法を教えます!

脱毛症や抗がん剤治療などによって髪が抜けてしまう人のための医療用ウィッグ(かつら)は、どこで購入すればいいのでしょうか。 自分に合ったウィッグを購入するための試着方法や購入方法、そして主な特徴について …

様々な色の髪の束

医療用ウィッグはこうして作られる

円形脱毛症や無毛症、抗がん剤治療による副作用やケガなどによって髪の毛が薄くなってしまったり、抜けてしまったりすることに悩んでいる人もいることでしょう。 そのような人ての、精神的な支えとなるのが医療用ウ …

ベッドの上でスマートフォン片手に考える女性

医療用ウィッグの通販購入はここを押さえればOK

医療用ウィッグをインターネットで購入しようと考えている人もいるでしょう。 通販サイトは便利ですが、注意するべき点もいくつかあります。 ここでは、医療用ウィッグを通販で購入する際のメリットやデメリット、 …

毛髪サンプルをチェックしている手

医療用ウィッグを購入するなら展示会もおすすめ

抗がん剤によって髪が抜けてしまうと、体調がよくなっても外出することをためらってしまう人が少なくありません。 気持ちがふさぎ込むことは、治療にも影響を与えます。そこで利用したいのが、医療用ウィッグです。 …