選び方

種類や入手方法は?治療や病気の脱毛症で使える医療用ウィッグ

投稿日:2017年7月5日 更新日:

脱毛症や抗がん剤治療などによって髪が抜けてしまう人のための医療用ウィッグ(かつら)は、どこで購入すればいいのでしょうか。
自分に合ったウィッグを購入するための試着方法や購入方法、そして主な特徴について解説します。

医療用ウィッグはどこが違う?

医療用ウィッグといっても、普通のおしゃれウィッグとどこが違うかわからない人も多いのではないでしょうか。
まず、医療用ウィッグには人毛を使用しているものが多いというのが特徴のひとつです。
地毛と合わせて髪のボリュームを出すための部分ウィッグなどは人毛を使ったものが多いですが、全体的におしゃれウィッグの場合は人毛より人工毛を使っている傾向がみられます。
そして一番の違いは、植毛部分のネットの作り方と素材です。
おしゃれウィッグは地毛の上にかぶったり地毛に加えて使ったりするため、多くの商品はやや粗めのネットに植毛されています。
医療用ウィッグは抗がん剤治療や病気によって脱毛した状態でつけるものなので、人工皮膚やキメの細かいメッシュ状になっているのが一般的です。
直接頭皮に触れることが多い分、つけたときの違和感を抑えて肌に配慮した作りがされています。
医療用ウィッグとおしゃれウィッグは使う目的がまったく異なります。

自分の髪がある人がファッションのひとつとして使うものが、ファッションウィッグです。
気分に合わせて使い分ける人も多く、カラーやスタイルもさまざまなものが出ています。
気軽にかぶれることを重視して作られているので、価格も比較的安価なものからそろっているのも特徴ではないでしょうか。

一方医療用ウィッグは、病気などで自分の髪が抜けてしまった人が使用するものです。
自分の髪の代わりとして使うためより地毛に近く、装着したときに違和感のないよう精巧に作られている傾向です。
ただ髪があるということではなく、へアレンジも自由に楽しめるものが増えているのも大きな特徴といえます。
近年は生え際やうなじなども地毛と変わらない作りのものが多く、結婚式の日本髪やウェディングアレンジなども医療用ウィッグで自在に違和感なくセットしている人も少なくはありません。
医療用ウィッグは抗がん剤治療や脱毛症などの病気の人にとって縁の下の力持ち的な役割を果たしているといえます。

医療用ウィッグの主な種類と特徴は?

医療用ウィッグに使われている毛は主に3種類あります。
まずは人毛100%のものです。
シャンプーはもちろん、カラーやパーマなど通常自分の髪にしていることと同じようなことが可能です。
ドライヤーやヘアアイロンの使用も可能です。
まさに自分の髪の代わりという感じではないでしょうか。
そして次が人工毛100%のものです。
人工毛の場合はシャンプーやカラー、パーマなどはできません。
その代わりはじめから自分の雰囲気に合わせてカラーやスタイルを選んでおけば、そのまま維持することが可能です。
スタイルや雰囲気を変えなくて良いという人に向いているかもしれません。
もうひとつのタイプはこの2つをミックスしたものです。
人工毛と人毛を合わせて作っているので、それぞれの良さが出ています。
カラーやパーマなどはできないものがほとんどですが、アイロンでスタイリングするのは可能です。
形状記憶機能のある人工毛が使われているタイプが多いので、スタイリングの持ちが良く、人毛の自然な見た目がプラスされているという特徴があります。
この3つのタイプとそれぞれの特徴は一般的なものです。
出されているメーカーによってさまざまな工夫がされています。
お手入れ方法や見た目の印象などは実際に購入するメーカーで異なるので確認しましょう。

医療用ウィッグをサロンで購入するには?

特徴やタイプがわかっても、実際に医療用ウィッグを購入できるところがわからなかったり、サロンで試着しながら決めたかったりする人もいるでしょう。
治療の過程でやむなく脱毛することが想定される場合や、病気で抜けてしまう人は、病院によっては医療用ウィッグの案内をしてくれるところもあります。
しかし、どこでも対応しているというものではありません。
サロンに関してもどこでも購入できるわけではないので、取り扱っているところを自分で探すとこから始めましょう。
医療用ウィッグを扱っているサロンなら試着しながら決めることは可能です。
通える場所にあれば相談してみましょう。
ウィッグの種類によっては、購入した後もカラーやカットなどのスタイリングをしてくれるサロンもあります。
髪があるときと変わらない状況でおしゃれが楽しめるのは女性にとって喜ばしいことではないでしょうか。
扱っているウィッグのメーカーやタイプによって取り扱いサロンも違います。
どんなものが自分に合っているか、通いやすいサロンはどこかなど、いろいろ検討してから相談するのも良いかもしれません。
医療用ウィッグを扱っているサロンには、医療向けに特化しているところもみられますが、一般のサロンも含まれています。

他の利用客が気になるという人は、個室などの利用が可能かどうかなど、医療用ウィッグの利用者への対応などを確認しておくと安心できます。

NPO法人全国福祉理美容師養成協会:http://www.fukuribi.jp
フォンテーヌ:https://www.aderans.co.jp/salon/medicare/

通販でも買える!でも試着はできるの?

サロンや病院内で決めるのはちょっと気が引けてしまうという人には、通販で購入するのもおすすめです。
ネットショップをみるだけでもいろいろなメーカーから医療用ウィッグが出ているのがわかります。
自社サイトで直接通販に対応しているメーカーもあるので、気になるメーカーがあればサイトをチェックしてみましょう。
メールや電話で個別に相談に応じてくれるところは多いので、不明な点は購入前に聞いてみるのは大切なことです。
医療用ウィッグの場合は自分のサイズに合ったものを購入するのが一番です。
もちろん使い方は自由ですから、いくつか購入して気分で使い分けるのもいいでしょう。
装着したときに違和感がなく、できるだけ自分の印象に近いものを選ぶには試着することです。
通販でも試着に応じているところはあります。
試着に対応しているところのほとんどは無料で応じているので気軽に利用してみましょう。
女性にとって特に髪の問題はデリケートです。
誰かにみてもらうということより自分でいろいろ試してみたいという人に、通販での試着は向いているといえます。
通販の場合は、従来は試着までできるところは少ない傾向がみられました。
近年は病気による脱毛症や治療の過程で髪が抜けてしまう女性に配慮されたものが増えつつあります。

自分に合った医療用ウィッグを見つけよう!人気のメーカー5選

子ども用のウィッグは寄付も利用できる

医療用ウィッグに使用することを目的にした人毛を寄付できる機関があるのをご存じですか。
人毛を寄付して医療用ウィッグに使ってもらうことを「ヘアドネーション」といいます。
これから治療に向けて髪を切るという予定がある人は、ヘアドネーションの活動をしている機関に切った髪を寄付するのも良いかもしれません。
提携しているサロンや、個人から直接郵送された人毛を寄付として受け付けており、滅菌処理など一定の工程を経て医療用ウィッグが作られています。
そこで作られたウィッグは病気で脱毛症になってしまった子どもたちに寄付されているのです。
子どもの場合は大人と違って成長が早く、合わなくなればその都度ウィッグを作り変える必要性が出てきます。
また、子ども用の医療用ウィッグに対応しているところがまだ少ないため、手に入らないケースが多くみられます。
そこで、ヘアドネーションで作られた医療用ウィッグが無償で提供されているのです。
子ども用の医療用ウィッグは自分のサイズに合わせて最終的な調整をしてもらえます。
帽子についたタイプのものなどもあるので、寄付のタイミングが合えば活用してみるのも良いのではないでしょうか。

医療用ウィッグに!人毛を寄付できるヘアドネーションとは?

つな髪:http://www.organic-cotton-wig-assoc.jp
JHD&C:https://www.jhdac.org/index.html

-選び方

関連記事

抗がん剤治療時における医療用ウィッグの選びかた

抗がん剤による治療にはいくつかの副作用が伴いますが、その中でも代表的な症状といえるのが脱毛です。 多くの場合、抗がん剤治療が始まると数週間で髪の毛の脱毛が目立ち始めます。 もちろん、治療を終えればまた …

医療用ウィッグと普通のウィッグ、何が違うの?

抗がん剤の治療などで苦しむ女性の中には、医療用ウィッグ(かつら)を使うことを希望しているという人もいます。 医療用ウィッグを選ぶときのポイントを知っておくと、自信を持っておしゃれを楽しむことができるで …

医療用ウィッグは購入すべき?それともレンタルで充分?

医療用ウィッグ(かつら)は抗がん剤による治療を受けている方や、脱毛症を患っている方などが抱える「髪の悩み」を緩和するために作られたウィッグです。 そんな医療用ウィッグを利用する場合、購入もしくはレンタ …