選び方

医療用ウィッグは購入すべき?それともレンタルで充分?

投稿日:2017年7月5日 更新日:

医療用ウィッグは抗がん剤による治療を受けている方や、脱毛症を患っている方などが抱える「髪の悩み」を緩和するために作られたウィッグです。
そんな医療用ウィッグを利用する場合、購入もしくはレンタルするのが一般的なのですが、医療用ウィッグの着用を考えている方の中には、購入したほうがいいのか、レンタルで充分なのか、よくわからないという方もいることでしょう。
ここでは、医療用ウィッグを購入した場合とレンタルした場合のそれぞれのメリットとデメリット、レンタル可能なウィッグメーカーなどについて解説していきます。

購入のメリット

医療用ウィッグの長期的な使用を視野に入れるのであれば、購入したほうが価格的にお得になることが多いでしょう。
また購入であれば、ウィッグのヘアスタイルや髪のカットなどについて、こちらの希望に添った調整が可能です。
完全オーダーメイドの医療用ウィッグともなれば、自分の頭の大きさや顔の形に合わせた細かなサイズ調整ができますし、髪色や髪の長さなどもかなり幅広くチョイスできるでしょう。
そうした自分好みのアレンジを加えたウィッグであれば特別な愛着が湧き、髪の悩みに対して前向きになれる場合もあるでしょう。
購入の費用を抑えたいという方なら、既製品タイプの医療用ウィッグを選ぶことで、比較的安価で入手できるでしょう。
それから購入であれば、ほとんどのメーカーでアフターケアやメンテナンスを受けることができます。
さらにメーカーによっては購入限定のサービスなどが実施されていることもあるでしょう。
医師に相談した結果、抗がん剤の投与期間や脱毛症の治療期間などが長引くようなら、購入を選ぶことで多くのメリットを得やすいでしょう。

購入のデメリット

高品質で高性能な医療用ウィッグを完全オーダーメイドなどで購入すると、一度に多額の費用が必要になります。
もちろん医療用ウィッグは値段に見合うだけの価値があるアイテムですが、メーカーや製品によっては数十万円の費用がかかるケースがあるという点を、理解しておいたほうがいいでしょう。
そしてウィッグは消耗品であるため、どれだけ丁寧な処理が施された高級ウィッグであっても、使用とともに品質は徐々に劣化していきます。
クリーニングやカット調整などといったメンテナンスを行うことで、そういった劣化を予防・軽減することもできますが、アフターケアサービスの利用は有料の場合があるので注意しましょう。
ただしアフターケアを利用することでウィッグの髪の長さや毛先などにアレンジを加えることができますから、買い替えよりも安い費用でウィッグのヘアスタイルを変更できる可能性もあります。
加えて、抗がん剤の投与や脱毛症の治療などが予定よりも早く終了した場合、費用対効果が悪くなってしまうといったこともありえます。
しかし治療が終了して髪の悩みがいち早く緩和したことはポジティブな出来事ですし、高品質な医療用ウィッグであれば、おしゃれ用ウィッグとして日常的に使用することもできるという考え方もできます。

レンタルのメリット

顕著なメリットとしては、医療用ウィッグの使用期間が短くて済む場合、購入するよりも費用を安く抑えることができるという点が挙げられるでしょう。
医療用ウィッグのレンタル料金は初期費用+(日額×使用日数)で計算されるのが一般的です。
初期費用はメーカーによってまちまちですが、日額はだいたい150~300円が相場となっています。
そのため使用が短期間であれば、高品質の医療用ウィッグを安価で利用できるでしょう。
加えて、「実際に医療用ウィッグを着用してみたら思っていたイメージと違った」「使っているうちにウィッグの髪色やヘアスタイルを変えたくなった」などといった場合に、レンタルであればすぐに利用を停止できます。
1日だけのレンタルや無料試着を実施しているメーカーもあるので、自分の顔立ちや頭のサイズにぴったり合うかどうか気軽に試せるのもメリットだと言えるでしょう。
抗がん剤の使用期間が短い場合や、脱毛症の症状が軽い場合は、レンタルのほうが大きなメリットを得られる可能性が高いでしょう。

レンタルのデメリット

短期間のレンタルであれば費用を安く抑えられますが、医療用ウィッグの使用期間が長引いてしまうと、購入するよりもレンタルのほうが費用としては高額になってしまうこともあるでしょう。
日額200円の医療用ウィッグを1年間使用した場合、200円×365日で日額の合計が7万3,000円となり、そこに初期費用を加えると、総額が10万円前後になってしまうケースもありえます。
またレンタルした医療用ウィッグが合わなかったり、使用する必要なくなったりして解約を希望した際に、初期費用が戻ってこないメーカーもあります。
そのためレンタルを行うのであれば、契約前に解約に関する注意書きを充分に確認しなければならないでしょう。
そしてレンタルの医療用ウィッグはたいていが既製品タイプの中から選択するシステムですから、自分にぴったり合うものを見つけるのが難しいという側面もあります。
したがってオーダーメイドのウィッグに比べると、どうしても着用時の自然さが見劣りしてしまいがちです。
ただ既製品タイプであっても、運よく自分に似合うウィッグが見つかることもありますから、いろいろなメーカーの製品をチェックしてみるといいでしょう。
さらにレンタルのウィッグはいずれ返すものですから、丁寧に扱う必要があります。
返却時にあまりに劣化がひどかったり、使用中に破損してしまったりした場合、修理や弁償のための料金を支払わなければならなくなる可能性があるでしょう。

医療用ウィッグがレンタル可能なメーカー比較

医療用ウィッグのレンタルができるメーカーは「アンベリール」「ライツフォル」「アプラン」などです。
医療用ウィッグの利用を検討している方は、それぞれのメーカーの情報を比較したうえで、ウィッグを購入するかレンタルするか決定するといいでしょう。
「アンベリール」は、病気と向き合う女性のための医療用ウィッグを製造・販売しているメーカーです。
医療用ウィッグ専門の製造工場と提携することでコストをカットし、一般的な相場の半額から3分の1程度の販売価格で、医療用ウィッグを提供しているのが特徴です。
無料の宅配試着サービスも利用できます。
製品購入にかかる通常価格はバリュー-タイプで3万1,500円、スタンダードタイプで5万9,800円、ハイグレードタイプで13万6,500円となっています。
レンタルの場合はスタンダードタイプで初期費用1万4,800円+日額150円、ハイグレードタイプで初期費用1万9,800円+日額200円の料金が必要になります。

「ライツフォル」は、高品質で魅力的な医療用ウィッグの提供を目指すメーカーです。
女性用と男性用、そしてリーズナブルなものから高品質なものまで、幅広いラインナップを誇ります。
無料での試着サービスも行っています。
販売定価は女性用ウィッグが2万7,000~27万9,936円程度、男性用ウィッグが1万5,660~15万1,200円程度です。
レンタル価格は女性用と男性用、ともに初期費用1万5,000円+日額216円となっています。

「アプラン」は、お客様から信頼される医療用ウィッグ作りを理念とするメーカーです。
メディカルサポートの観点に立ち、医療用ウィッグの研究・開発を80年以上にわたって続けてきました。
女性用、男性用、子ども用とバリエーションも豊富です。
製品の販売価格は女性用ウィッグが8,000~46万5,000円程度、男性用ウィッグが4万4,000~42万円程度、子ども用ウィッグが4万5,000~25万7,000円程度となります。
レンタル料金は女性用も男性用も子ども用も変わらず、初期費用1万5,000円+日額250円となっています。
こちらで紹介した料金はあくまで目安となります。
サービスの導入やオプションの追加によって、料金が変動する可能性があります。

自分に合った医療用ウィッグを見つけよう!人気のメーカー5選

-選び方

執筆者:

関連記事

抗がん剤治療時における医療用ウィッグの選びかた

抗がん剤による治療にはいくつかの副作用が伴いますが、その中でも代表的な症状といえるのが脱毛です。 多くの場合、抗がん剤治療が始まると数週間で髪の毛の脱毛が目立ち始めます。 もちろん、治療を終えればまた …

医療用ウィッグと普通のウィッグ、何が違うの?

抗がん剤の治療などで苦しむ女性の中には、医療用ウィッグを使うことを希望しているという人もいます。 医療用ウィッグを選ぶときのポイントを知っておくと、自信を持っておしゃれを楽しむことができるでしょう。 …

種類や入手方法は?治療や病気の脱毛症で使える医療用ウィッグ

脱毛症や抗がん剤治療などによって髪が抜けてしまう人のための医療用ウィッグは、どこで購入すればいいのでしょうか。 自分に合ったウィッグを購入するための試着方法や購入方法、そして主な特徴について解説します …