周辺知識

医療用ウィッグのズレない付け方が知りたい!

投稿日:

初めて医療用ウィッグ(かつら)を作った人にとって、どのように医療用ウィッグを装着すればよいのか始めは戸惑ってしまうこともあるかもしれません。
被り方のコツが分からないまま装着すると、ズレてしまったり不自然になってしまう可能性もあります。
毎日を快適に過ごすための医療用ウィッグであるはずが、ズレてしまうことを心配してばかりではストレスになりかねません。
ここでは、ズレない医療用ウィッグの被り方やズレ防止に必要なアイテムなどをご紹介します。

ズレ防止に欠かせないインナーキャップ

医療用ウィッグを被る上で、インナーキャップを被ることは欠かせません。
なぜなら、直接地肌に被るよりもインナーキャップを被ることで医療用ウィッグの安定性が高まるためです。
頭皮や医療用ウィッグの網目を目立たなくする効果もあり、蒸れ防止にも効果を期待できるでしょう。

インナーキャップには、コットン素材ネット素材の2種類があります。
コットン素材のインナーキャップは、柔らかく網目が細かいため頭皮が敏感肌な人や脱毛中の人などに向いています。
インナーキャップの前と後ろに滑り止めシリコンが付いているため、インナーキャップ自体がズレる心配もありません。

また、髪の長い人がまとめやすいのがネット素材のインナーキャップです。
ネット素材のものは、髪のボリュームを抑えてくれるのでウィッグを被っても自然な印象になります。
髪が多い人の場合は、地毛をインナーキャップの中にまとめることでウィッグが装着しやすくなります。

インナーキャップは、水泳の帽子のように被ります。
頭位によってSサイズやMサイズなどもあるため、インナーキャップを購入する前にまずは頭位を測ります。
インナーキャップが小さすぎる場合は頭痛の原因になることもあるため、ややゆとりがあるサイズを選ぶことがおすすめです。
長時間頭皮に触れるインナーキャップなので、サイズ感や素材などにはこだわって選ぶと良いでしょう。

医療用ウィッグのズレない付け方

まずはストッパーを開き、医療用ウィッグの後ろ部分を両手で持ちます。
医療用ウィッグの前部分を額にかけるようにイメージして被ります。
前部分を被るときは、前髪の生え際の1cmから1.5cm程度の位置を目安にしましょう。
片方の手で前部分をしっかりと押さえ、もう片方の手で後ろ側を襟足に被せるようにやや深めに装着します。
インナーキャップを被っている場合は、ストッパーとキャップ位置を合わせるように留めます。
医療用ウィッグをやや後ろにずらすようにしながらフィット感のある位置を探します。
その際、左右のバランスが均等になっていることを鏡を見てしっかりと確認することが大切です。
耳芯部分を顔のラインに沿わせるようにし、医療用ウィッグのもみあげの部分を引っ張り位置を決めます。
最後は、鏡を見ながらブラシや手ぐしでヘアスタイル(髪型)を自然に整えて完成です。
あまり整えすぎてしまうと不自然に見えてしまうこともあるため、やや無造作にすることでナチュラルに仕上がります。

また快適に被るためには、インナーキャップや医療用ウィッグの手入れは基本となります。
インナーキャップは毎日洗う必要があるため、洗い替えがあると良いでしょう。
医療用ウィッグは1週間から10日を目安に、専用のシャンプーやトリートメントなどで洗うことがおすすめです。
手入れを怠ってしまった場合、頭皮のかゆみの原因になり医療用ウィッグも傷みやすくなります。
その結果、ズレやすくなる可能性もあるためこまめに手入れすることを心掛けましょう。

ウィッグのサイズの見直しをしてみる

抗がん剤治療などで脱毛中の人の場合は髪の抜け始めやほぼ髪がない状態のとき、回復期では頭のサイズは変化するということを念頭におきましょう。
全く同じサイズの医療用ウィッグを着用していると、フィット感がなくズレやすくなる時期もあるかもしれません。
その際には、医療用ウィッグのサイズをこまめに調節することでズレを防ぐことができます。
少し緩く感じる時期には、インナーキャップを被ることで頭皮への密着感も高めることもできます。

サイズの見直しをする際に、「医療用ウィッグを被るとチクチクする」などの着用感が気になる人は、頭皮に触れるベース部分がオーガニックコットン素材のものにすることもおすすめです。
医療用ウィッグのカットやメンテナンス(お手入れ)をしてくれるサロンもあるので、長さを短くして気分転換したい人は利用してみると良いでしょう。

また、医療用ウィッグにはフルオーダー・セミオーダー・既製品・レンタルなどから選ぶことができます。

フルオーダーの場合は長期間使用した場合でもズレを感じづらいですが、既製品やレンタルのものは始めからサイズが丁度良くはないためズレやすいと感じる人も多いのが特徴です。
レンタルの医療用ウィッグは手軽に利用できることがメリットとして挙げられますが、治療期間が長くなった場合はレンタル料金が高くなってしまうというデメリットもあります。
治療期間などを医師から説明を受けた上で、医療用ウィッグを選ぶと良いでしょう。

フルオーダーやセミオーダーのウィッグでは、納期が1カ月ほどかかるケースもあります。
あらかじめ入院期間中に脱毛することが分かっている場合は、早めに医療用ウィッグのオーダーをしておくことがおすすめです。

参考記事:ウィッグを選ぶタイミング

ウィッグ付きキャップはズレ知らず!

医療用ウィッグの中でも人気が高まりつつあるのが、手軽に装着することができるウィッグ付きキャップです。
インナーキャップにウィッグが縫製されているため、医療用ウィッグを被るよりも頭皮の蒸れを大幅に軽減することができます。
特に、蒸れやすい夏場や汗をかきやすい男性などから支持を集めています。
ウィッグ付きキャップの他に、ニット帽などにウィッグが縫い付けられているデザインもあるため、ウィッグがズレてしまうことが心配な人にもおすすめです。

部分用ウィッグを好みのキャップやニット帽に縫い付けるタイプや、ヘアバンドのように装着するタイプもあるため、用途によって選ぶことができます。
医療用ウィッグを装着する際に自然に被ることができず時間がかかってしまうという悩みがある人は、ウィッグ付きキャップを使用すると良いでしょう。
入院中に急な来客がある場合でも、すぐに被ることができセットの必要もありません。
医療用ウィッグを被ることが初めてで不安に感じる人は、医療用ウィッグとあわせてウィッグ付きキャップも準備しておくことで安心感につながります。

一番自分らしくいられるウィッグの付け方を身に付けよう

医療用ウィッグは、脱毛中でも自分らしくいられることを後押ししてくれる存在です。
ヘアドネーションをする人が増えるようになったことで、ショートヘアだけではなくロングヘアの医療用ウィッグを楽しむこともできるようになりました。
特に女性の場合は、抗がん剤治療中などに脱毛してしまった自分の姿を見て気持ちが落ち込んでしまう人も少なくありません。
ウィッグがズレることを気にしてばかりでは、更に気分も消極的になってしまうかもしれません。
まずはインナーキャップを必ず装着するなど、正しい医療用ウィッグの装着方法を覚えるようにしましょう。
正しい装着方法を何度も繰り返し練習することで、ズレない付け方が自然と身に付くようになります。
医療用ウィッグを適に被れるようになることで、自然と笑顔の回数も増えるようになるでしょう。

関連記事:医療用ウィッグがバレないか心配!バレる原因と対策を徹底追及

-周辺知識

関連記事

医療用ウィッグの購入に保険は適用されるの?

抗がん剤などの使用による脱毛をカバーしてくれる「医療用ウィッグ(かつら)」。 なければ命に関わる…というものではありませんが、特に女性や若い世代の方にとっては、鏡を見るのがつらかったり、人に会いづらか …

医療用ウィッグがバレないか心配!バレる原因と対策を徹底追及

医療ウィッグ(かつら)は髪の毛で悩む多くの患者の方々を助けるためのもので、普通のファッションウィッグに比べて通気性が良かったり柔らかい素材でできていたりと、さまざまな工夫が施されています。 しかし、医 …

医療用ウィッグでも楽しめる!簡単にできるヘアアレンジ5選

抗がん剤治療や脱毛症といったことが原因で髪の毛が抜けてしまったり、生えてこなかったりすることに悩む人もいることでしょう。 そのような人にとって救いの手となるのが医療用ウィッグ(かつら)です。 医療ウィ …

医療用ウィッグに!人毛を寄付できるヘアドネーションとは?

医療用ウィッグ(かつら)は人毛や人工毛が使われているものがあります。 それぞれにはどんな特徴があるのでしょうか。 医療用ウィッグの人毛は寄付によるものが多く使われています。 人毛を寄付できるヘアドネー …

医療費控除の仕組みと医療用ウィッグが控除対象にならない理由

円形脱毛症や抗がん剤の投与などで髪の毛が抜けていくのは女性にとって大きな精神的苦痛を伴うものです。 その苦痛を和らげる手段として医療用ウィッグ(かつら)があります。 着用すると脱毛した部分を隠せますし …