周辺知識

医療用ウィッグに!人毛を寄付できるヘアドネーションとは?

投稿日:2017年7月5日 更新日:

医療用ウィッグは人毛や人工毛が使われているものがあります。
それぞれにはどんな特徴があるのでしょうか。
医療用ウィッグの人毛は寄付によるものが多く使われています。
人毛を寄付できるヘアドネーションについて解説します。

医療用ウィッグとファッションウィッグの違いは?

はじめに、医療用ウィッグとファッション用ウィッグの違いについて説明しましょう。
医療用ウィッグと呼ばれていますが、はっきりした定義が決められているということではありません。

 
一般的に医療用ウィッグと呼ばれているものは、脱毛症など髪が抜けてしまう疾患を抱えている人や、抗がん剤治療の過程で脱毛を余儀なくされてしまう人に向けて作られているものを指します。
ウィッグはネットなどに植毛するのが一般的な作りです。
医療用ウィッグは地肌に直接触れやすいため、ネットの素材や作りに工夫されているものが多いのが特徴的といえます。
人工皮膚で自然に見えるものや、皮膚が弱い人に向けたオーガニック素材にしているものなどがあります。
髪が生えていない状態でつけることに配慮し、近年は生え際が自然に見えるものも増えています。

 

一方、ファッション用のウィッグは髪型を気軽に変えたり、髪のボリュームを補ったりする目的で用いられるものがほとんどです。
全体にかぶるものと、部分用のウィッグがあります。
ファッション用のウィッグは医療用ウィッグに比べると地肌に触れる部分が少ないため、その分ネット部分の作りが粗いものも多くみられます。
ファション用のウィッグに使われているのは人工毛が多い傾向です。
医療用ウィッグが10万円を超えるものが多いのに対して、ファッション用ウィッグは数千円からと安価に購入できることが多いといえます。
医療用ウィッグそのものは医療控除の対象という扱いはされていません。
しかし、治療の種類によっては申請すれば受理される場合もあります。
医療用ウィッグに対して保険がおりる医療保険を出している保険会社があるので、加入しておくのもいいでしょう。

医療用ウィッグと普通のウィッグ、何が違うの?

医療用ウィッグの種類とそれぞれのメリットは?

医療用ウィッグに使われている毛の種類は主に3種類です。
人毛100%のもの、人工毛のもの、そして人毛と人工毛をミックスしたタイプがあります。
価格帯の違いはありますが、それぞれにメリットとデメリットがあるのであらかじめ知っておきましょう。

 
まず人毛だけでできているウィッグは、カラーやパーマなどもできるのがメリットです。
カットやシャンプーも可能です。
しかし、シャンプーの後はしっかり乾かして形を整えておかなければなりません。
カラーも色が抜けやすい傾向があり、手間がかかる点がデメリットとして考えられます。

 
人工毛の場合は、ポリエステルやナイロンといった合成繊維で作られているものが一般的です。
ヘアスタイルも豊富ですし、自分で整える手間がほとんどないのはメリットでしょう。
価格帯も比較的手頃です。
しかし、見た目の印象に自然さが少ないというデメリットがあります。
肌に触れるメッシュ部分も粗いものがみられます。

 
人毛と人工毛のミックスタイプは、人毛と人工毛の中間といった印象です。
どちらをどれくらいの割合にしているかで違いが出ますが、スタイリングを保ちやすいというメリットがあります。
アイロンなどを使っても大丈夫なものが多く、扱いやすい医療用ウィッグといわれています。

髪を寄付できるヘアドネーション

医療用ウィッグには人毛が使われているものがありますが、その髪はどう調達されているのでしょうか。
医療用ウィッグとして製造しているメーカーにもよって異なりますが、人毛を寄付できる「ヘアドネーション」がそのひとつです。
ヘアドネーションで集められた髪のほとんどは、子ども向けの医療用ウィッグとして活用されています。
子どもの場合は大人とは違い、成長に応じてサイズが異なるというのが特徴です。
病気によっては治療が長引く場合や、長期的に脱毛が続く症状の病気では、成長に伴ってウィッグを作り変える必要性が出てきます。
大人用のものをつけることやサイズの合わないものをつけることは、見た目の印象や装着した時のフィット感など、身体的にもメンタル的にも好ましい状態とはいえません。
「ヘアドネーション」に寄付された髪は、工場に集められて滅菌や洗浄処理がされます。
それから子どもに合ったサイズやスタイルの医療用ウィッグとして生まれ変わります。
こうして作られた医療用ウィッグは主に寄付という形で無償提供されているのです。
「ヘアドネーション」で作られている医療用ウィッグは、病気で苦しむ子どもの支援活動や福祉活動をしている機関を通して届けられています。
あらかじめカットされていてすぐに装着できるものや、実際につける本人に合わせてカットしてもらえるものもあります。

ヘアドネーションで髪を寄付する方法と注意点

髪を寄付するには「ヘアドネーション」の活動を行っている機関に直接寄付するという方法があります。
日本国内で寄付できる主な機関に「JHD&C」「つな髪」があります。
寄付する方法や髪の長さなどの注意点があるので説明します。

「JHD&C」に寄付する方法と注意点

  • 必ずということではありませんが、髪は31センチメートル以上の長さが理想的です
  • カラーやパーマがかかったものでも可能ですがダメージがないものにしましょう
  • 寄付する髪は完全に乾いたものにしましょう
  • 毛束は1人当たり3~5本に分けてゴムでまとめます
  • ヘアドナーシートを記入して髪と一緒に郵送します

郵送先やヘアドナーシートは「JHD&C」のサイトにあります。
自分で直接送ることもできますが、賛同しているサロンでカットをすればそのまま送ってもらうことができます。
サロン情報など詳細はサイトで確認しましょう。

JHD&C:https://www.jhdac.org/index.html

「つな髪」に寄付する方法と注意点

  • 髪の長さは15センチメートル以上、または31センチメートル以上あれば可能です
  • 性別は関係ありません
  • ダメージがないものならパーマやカラーされたものでも大丈夫です
  • 髪がバラバラにならないよう、1人当たり3~5本に分けてゴムでまとめます
  • 3~5本になった毛束をさらにゴムで1つにまとめましょう
  • 複数人で送る場合は髪が他の人と混ざらないようにしましょう
  • 宅配または郵送で指定先に送ります

こちらも送り先はサイトで確認できます。
寄付に応じているサロンの一覧もサイトに記載されているので、近くにあれば利用するとそのまま送ってもらえます。

つな髪:http://www.organic-cotton-wig-assoc.jp

治療の前に髪を寄付する人も

抗がん治療など病気の治療に向けて髪が抜けることが予想できる人の中には、あらかじめ髪をカットする人は多いのではないでしょうか。
特にロングヘアの場合は、治療に入る前に医師の指導などを受けて自分でショートにしておく人もみられます。
その際にヘアドネーションで自分の髪を寄付することも可能です。
寄付した髪が自分の医療用ウィッグになるということではありません。

 
しかし、同じように病気や治療による脱毛でつらい思いをする人に貢献できるという喜びはあります。
誰かが使う医療用ウィッグに使ってもらうために、治療をはじめる前に自分の髪を寄付するという方法も考えてみましょう。
医療用ウィッグを使用する人の多くは女性です。
髪は見た目の印象を左右しやすいものだけに、治療や病気で抜けてしまうのは精神面でのダメージは大きいものがあります。
病気でもおしゃれや身だしなみを楽しみたいと考えるのは健全な感情です。
近年は医療用ウィッグでもさまざまな髪型を楽しめるものが多くなっています。
挙式やパーティーなどのヘアを自由にアレンジしたり、装着したままシャンプーしたりと自分の髪と変わらないものがたくさん出ています。
そして、髪を寄付するという行動は必要な人に医療用ウィッグを届け、ひとりひとりの笑顔につなげていくのです。

種類や入手方法は?治療や病気の脱毛症で使える医療用ウィッグ

-周辺知識

執筆者:

関連記事

医療費控除の仕組みと医療用ウィッグが控除対象にならない理由

円形脱毛症や抗がん剤の投与などで髪の毛が抜けていくのは女性にとって大きな精神的苦痛を伴うものです。 その苦痛を和らげる手段として医療用ウィッグがあります。 着用すると脱毛した部分を隠せますし、しかも、 …

医療用ウィッグの購入に保険は適用されるの?

抗がん剤などの使用による脱毛をカバーしてくれる「医療用ウィッグ」。 なければ命に関わる…というものではありませんが、特に女性や若い世代の方にとっては、鏡を見るのがつらかったり、人に会いづらかったりする …