選び方

医療用ウィッグと普通のウィッグ、何が違うの?

投稿日:2017年7月5日 更新日:

抗がん剤の治療などで苦しむ女性の中には、医療用ウィッグ(かつら)を使うことを希望しているという人もいます。
医療用ウィッグを選ぶときのポイントを知っておくと、自信を持っておしゃれを楽しむことができるでしょう。
そこで今回は、医療用ウィッグと普通のウィッグとの違いや、医療用ウィッグの選び方などについてご紹介します。

医療用ウィッグと普通のウィッグの違い

抗がん剤の治療の副作用や円形脱毛症、抜毛症などに悩んでいる女性の中には、ウイッグの使用を考えている人もいるでしょう。
医療用ウィッグと普通のウィッグの違いについて知っておくと、ウィッグを選ぶときの参考になります。
医療用ウィッグと普通のウィッグとの見た目を比較してみると、パッと見ただけでは大きな違いはわかりません。
しかし、実際にウィッグを着用してみると、つけ心地に大きな違いがあることに気がつくでしょう。
まず医療用ウィッグは、地肌に直接触れる部分については特にこだわっている傾向といえます。
ウィッグを着用していると、特に高温多湿のときは頭皮が蒸れてしまうことが予想されます。
頭皮が蒸れてしまうと、かゆみや赤みなどといった肌トラブルを引き起こす原因となってしまうのです。
そういった肌トラブルを防ぎ、ウィッグの快適なつけ心地や通気性の良さを実現するためにも、医療用ウィッグの場合は地肌に直接触れる部分はオーガニック素材にこだわるなどいった工夫が施されていることが特徴です。
また、通常のウィッグには人工毛が使われていることが多くあります。
人工毛で作られたウィッグというのは、実際に着用してみると不自然な印象であることが多い傾向です。
対して、医療用ウィッグは人毛で作られていることが多いため、とても自然な印象といった特徴があります。
さらに、医療用ウィッグは自然なわけ目や生え際などにこだわっているものも多く、ウィッグと気づかれないほど自然であることも、普通のウィッグとの決定的な違いです。

医療用ウィッグを選ぶときのポイント

医療用ウィッグを選ぶときには、まず「実際に着用したとき、自然にみえるかどうか」といったことに着目してみましょう。
普通のウィッグを着用している人であっても、「ウィッグであることがわかってしまう」「なんとなく不自然」などといったことはよくあることです。
医療用ウィッグであっても女性としておしゃれを楽しむために、わけ目やつむじ、もみあげなどが精巧かつ自然に作られていということは、大きなポイントです。
わけ目やつむじなどといった部分が丁寧に作られている医療用ウィッグだと、たとえウィッグであっても自信を持って着用することができるといったことが考えられます。
次に、「髪のツヤやハリが自然か」といったこともチェックしておきましょう。
医療用ウィッグは人毛を用いて作られているものも多くあります。
しかし、医療用ウィッグといっても、人毛を100%使用しているものばかりではありません。
目視で人工かを確認したい場合は医療用ウィッグの毛髪の部分が光に当たったとき、自然な風合いを出しているかなどをしっかりと確認しておきましょう。
さらに、医療用ウィッグについては長時間にわたって着用する場合が考えられますので、実際に医療用ウィッグをつけたときのつけ心地については見た目だけでなく体感してチェックする必要があります。
「ウィッグをつけたとき、圧迫感や重さを感じることはないか」「頭を動かしたときに、ウィッグがずれてしまう心配がないか」などといったことは、購入前に試したり見極めたりしておくことがおすすめです。

お気に入りのヘアスタイルのために

医療用ウィッグにもさまざまなヘアスタイルのものがあります。
お気に入りのウィッグを見つけておくと、その日のファッションや気分に応じて臨機応変にウィッグをつけ替えることができるでしょう。
また、医療用ウィッグの中には機能性だけではなく、ファッション性に優れたものもたくさんあります。
医療用ウィッグのヘアスタイルは実にさまざまあり、ショート・セミロング・ロングなどバリエーションが豊富です。
ウィッグは「女性らしい」「かわいらしい」などといったコンセプトのもと作られているため、自分に合ったお気に入りのウィッグが見つかります。
さらに、医療用ウィッグの中には、「顔まわりにレイヤーが入れて毛量を調整したもの」「柔らかいカールで毛髪に動きを出したもの」など、ヘアスタイルにこだわったものも豊富です。
医療用ウィッグを専門に扱っている店舗によっては、スタイリストがその場でウィッグの毛髪をカットして、希望の医療用ウィッグを完成されるといったサービスを行っている場合があります。
希望のヘアスタイルにカットされたウィッグは、まさに自分のためだけに作られた世界でひとつだけのオリジナルなウィッグです。
たくさんあるウィッグの中から、お気に入りのヘアスタイルを見つけてみましょう。

医療用ウィッグの機能性について

医療用ウィッグはファッション性に優れているだけではありません。
もちろん機能面にもこだわっています。
医療用ウィッグは長時間着用することも想定されていますから、つけ心地に特にこだわっていることは前に紹介しました。
つけ心地の問題に関しては、アジャスターで調整が可能であるウィッグもたくさんあります。
アジャスターがあるウィッグですと、少し頭を動かしたくらいではウィッグがずれてしまう心配はありません。
また、風が吹いたときやスポーツをしたときなどには、特にウィッグがずれてしまっていないかということが気になるのではないでしょうか。
医療用ウィッグの多くが「自然な地肌の実現」というものにこだわっています。
そのため、自然な地肌と高度な植毛技術により、毛髪は自然に風になびき、わけ目にも特別な違和感が生じることが少ないものと考えられます。
さらに、医療用ウィッグについては人毛を用いて作られていることが多い傾向のため、耐熱性に優れているといったことも挙げられます。
耐熱性があると、ウィッグであってもドライヤーで毛髪を乾かすことができたり、ヘアアイロンを使って美しいカールを作ったりすることも可能です。
このように、たくさんの機能が備わっていることも、医療用ウィッグを着用するメリットであるといえます。

メンテナンスをして、ウィッグを大切に使おう

適切なメンテナンスを行うことで、医療用ウィッグの美しい状態をキープすることができます。
医療用ウィッグは人毛で作られていることが多い特性から、紫外線や摩擦などでダメージを受けやすいことが考えられます。
また、ドライヤーやヘアアイロンなどの熱によってもウィッグはダメージを受けるのです。
ウィッグの毛髪がダメージを受け続けると、毛髪そのものが乾燥してしまい、パサつきが広がったり毛髪にハリやツヤが失われてしまったりしてしまいます。
こういった状態では、ウィッグの状態が気になってしまいなかなかおしゃれを楽しむことができません。
美しい髪質の維持のためにも、毎日のお手入れに加えて、プロのメンテナンスを受けることをおすすめします。
ウィッグのコーティング、カラー、シャンプー、ブローなどをプロが行うことにより、ウィッグの髪質が生まれ変わります。
使用頻度や季節などによってもメンテナンスの内容は異なりますので、その都度必要なメンテナンスを利用することがポイントです。
医療用ウィッグのメンテナンスについては、店舗で医療用ウィッグを購入した場合は受付をしているケースも多い傾向です。
医療用ウィッグでおしゃれを楽しむためにも、プロによるメンテナンスを定期的に行いすがすがしい毎日を過ごしましょう。

-選び方

関連記事

抗がん剤治療時における医療用ウィッグの選びかた

抗がん剤による治療にはいくつかの副作用が伴いますが、その中でも代表的な症状といえるのが脱毛です。 多くの場合、抗がん剤治療が始まると数週間で髪の毛の脱毛が目立ち始めます。 もちろん、治療を終えればまた …

医療用ウィッグは購入すべき?それともレンタルで充分?

医療用ウィッグ(かつら)は抗がん剤による治療を受けている方や、脱毛症を患っている方などが抱える「髪の悩み」を緩和するために作られたウィッグです。 そんな医療用ウィッグを利用する場合、購入もしくはレンタ …

種類や入手方法は?治療や病気の脱毛症で使える医療用ウィッグ

脱毛症や抗がん剤治療などによって髪が抜けてしまう人のための医療用ウィッグ(かつら)は、どこで購入すればいいのでしょうか。 自分に合ったウィッグを購入するための試着方法や購入方法、そして主な特徴について …